不動産会社上手に使う
分譲物件を
購入する1
分譲物件を
購入する2
分譲物件を
売却する
不動産会社を
利用する1
不動産会社を
利用する2
トップページ > ■売却物件を扱っている不動産会社

分譲物件を売却する

■売却物件を扱っている不動産会社


販売も買い取りも扱っている

一般的に、分譲物件の買い取り(売却)だけを
扱っている不動産会社はありません。
というのも、会社の利益を考えると、
やはり分譲物件は売買をしてこそなんです。

では、分譲物件を売却したいとなった場合には、
どんな不動産会社を探せばいいのでしょうか?

それは、分譲物件をたくさん扱っているタイプの不動産会社をさがすことです。
同様に、賃貸専門、新築分譲マンション以外を扱っているのなら、
ほとんど売却の手続きが行えると考えられます。


売却の手続きする際の会社選び

まず最初に探したいのは、上でも説明しましたが、
分譲物件をたくさん扱っている不動産会社(仲介業者)を探すことです。
そのようなタイプの不動産会社は、実績もある程度はあると考えられます。
また、自社の物件をたくさん持っている会社ほど、売却の際の知識や経験も豊富で、
売却価格の見積もりを頼みたい時も、適正な価格でやってくれる可能性が高いと思われます。
価格の折り合いがつかないなど、いろいろなトラブルになった際の
対応なども手慣れていて、安心感があります。

また、物件を売却する場合には、広い範囲で様々な地域を扱っている大きな会社より、
地元に密着している会社の方がいいと考えられます。
理由としては、査定の価格にもある程度の信頼がおけますし、
買い取った物件の売却も早かったり、リフォームなどして
販売したりすることも簡単ですので、買い取りに積極的であるからです。

■分譲物件を売却するときの手続


査定をしてもらう

物件を売却するときの始めにやることは、売却価格の査定から始まります。

査定価格とは、物件を売りにだして
約3ヶ月以内に売却可能であろうとする価格のことで、
成約予想価格のことを指しています。
物件の販売価格のことではありませんので注意しましょう。


一般的な3種類の査定

・路線価査定
国税庁が公共価格などを参考にして、
市街地の道路に沿った 宅地の1平米あたりの評価額をはかる。
宅地に接している道路に対して正面と、側方、二方と
分けて行い、それぞれに設定する額を示します。

・簡易査定
近隣での事例等を参考にして、机上査定価格を調査する。

・訪問査定
物件に直接訪問して、実勢価格を調査する。
自分の物件の相場的な価格をあらかじめ調べておくことが大切です。
売却されている、自分の条件と近い物件を探し出して、
その価格がいくらくらいで売りに出されているか調べておきましょう。

また、売り物件を扱っている不動産会社では、
そのほとんどが無料で査定を行っていますので、
事前に電話やメールなどで問い合わせしてみるといいと思います。


依頼する業者を選ぶ

自分の物件をなるべく高く買い取ってもらうためには、
業者はどこに依頼すればいいのか迷います。
有利に取引できるような業者や、良心的な業者を見極めるには、
現在依頼したいと考えている業者が、
売却物件の広告がどんな内容なのか、その販売の仕方などを確認しましょう。

広告の方法は不動産業専用のインターネットのウェブサイト(ホームページ)だったり、
新聞の折り込みチラシなどで紹介されていたりと様々ですが、
その規模が大きい広告ほど、買い手が早く見つかる場合が多いようです。

査定金額が高くついたとしても、それを売るのに時間がかかれば、
販売価格もどんどん下がっていってしまいます。
鉄則として、物件は手早く売ることです。


価格の比較は何社ぐらいにするか?

査定を依頼する際に、査定価格を他の会社とも比較すると思いますが、
その比較する会社の数の目安としては、2、3社ほどでいいと思います。
当然のことですが、それぞれ査定金額に差がでてくると思います。
ただ、それはあくまでも成約予想価格ですから、実際の価格とは違いますよ。

安易に査定金額が高い方を選ぶと危険なので、十分検討してください。

注目サイト

太陽光発電を最安値で
http://taiyoukouhatudenn.jp/

最終更新日:2016/8/31