不動産会社上手に使う
分譲物件を
購入する1
分譲物件を
購入する2
分譲物件を
売却する
不動産会社を
利用する1
不動産会社を
利用する2

分譲物件を購入する

■新築と中古の物件をみる


新築と中古の物件、それぞれの条件の違い

情報を集めるのは新築も中古も同じですが、
実際に物件を見に行くことになると、明確な違いがあることに気づきます。
新築を見る場合はモデルルームへ行くことになりますが、
新築は建物がまだ完成していない状態がほとんどです。
中古を見る場合、仲介をしている不動産会社に行きます。
中古は新築の場合とは反対に、建物も完成していて、管理の状態、
周囲の状況なんかを実際に確認することができます。


新と中、選ぶのはどっち?

選ぶにあたって、新築と中古それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

・新築

新築のメリットとして、何よりもまず新しいこと、何しろ新築ですから。
建物が丈夫で長持ちして、最新の設備が整っていて、
新鮮な気持ちで快適な暮らしを満喫することができますね。
最近では、住宅価格が下がってきたことで、都心に近い地域など、
生活や仕事などに便利な場所の広くていい物件が購入できるようになりました。
さらには、長期のローンを組むことができるため、
月々の返済も大きな負担となることはありません。
様々な税金の控除もあります。

デメリットですが、中古と比べると資金負担は大きくなります。
これは当然でしょう。
また、新築のマンションの場合は、
自分が買いたいと思った地域にあるとも限りません。
さらに、物件が未完成の場合が多いですから、
建物や管理の状況などの確認ができません。
そのため、実際の建物を見ないままに購入することになります。
うーん、ですね。

・中古

中古は新築よりも安く購入することできます。
すでに物件が完成してあるので、
じっくりと自分で納得のいくまで吟味できます。
そのうえで、リフォーム等を検討しているのなら、
新築物件に設置してるような最新の設備を導入することもできます。
立地条件をみても、良いものがたくさんあります。
先着順ということから、必然的にそこは良い場所であることが多いです。

デメリットとしては、建物・設備の古さになるでしょう。
中古だから当然なのですが、そのため、修理や立替などが新築に比べると早くなります。
購入時に安く手に入れることができても、資金負担はこの点で考えるとどうでしょうか。
よく検討しなくてはなりません。
さらに、思い通りの間取りではないということです、
マンションの場合は住民がどのような人かがよく分からないことと、
ある程度の知識を持っていないと、建物の構造や状態がわからず、不安があることも。

 

メリット・デメリットを見てきましたが、
どちらとも共に良い所も悪い所もあるので、それを踏まえた上で、
最初から中古か新築かを決めてしまうのはもったいないので、
どちらかに決めて考えないで、可能な限り、それぞれの物件を
たくさん見て検討してから、自分に合った物件を選ぶのが良いと思いますし、
楽しいのではないでしょうか。

分譲物件を購入する 

■税金や、その他の諸費用をみる


物件を購入した時は、費用がどれにどれだけかかるのか、
把握しておくことが大切になります。
頭金以外にも、登録免許税や不動産取得税などといった税金や、
ローンの手数料、保証料、中古の物件の場合だと、
不動産会社への手数料が発生します。
しかし、通常の場合、この手数料は物件の購入費用に
含まれていることが多いので、購入費用の詳細はよく確認しておきましょう。
以上の税金や、手数料などの費用だけでも
高額になってきますので、前もって用意しておきましょう。

また、ほとんどのマンションには、
修繕積立金や、管理準備金などがあります。
一般的に、修繕積立金は5年ごとに金額の設定を見直して、
金額が上がるという場合が多いです。
入居したときの1.5〜2倍になることもあるので、
数年後の支払いもある程度検討しておく必要があります。
この修繕費や管理費などは、負担と感じるかもしれませんが、
これも必要な費用なのです。
もしこのような費用がない場合だと、マンションを改築するとなったときに、
まとめて高額な料金を請求されることもあります。

仲介手数料の例としては、購入する物件の値段が400万円を越える場合、

・物件価格×3%+6万円+消費税

となります。

さらに、月々の家賃の支払い以外にも、
負担する税金などもありますので確認しておかなければなりません。
分譲の物件を購入した場合、固定資産税、
都市計画税といった税金がかかります。
これらの税金は、年に一度請求がきます。
物件がまだ完成していない場合は、その物件の評価額が
まだ出ていないのでその金額はわかりませんが、
概算額はこの時点でもわかりますので、販売の担当者に確認しておきましょう。

その他にも、引越しの費用、家具や家電などを
買い換えるときの費用も、頭にに入れておきましょう。



負担にならない返済計画を立てる

住宅ローンには、2つの種類があって、
住宅金融公庫や、年金融資などの公的ローンと、
民間の金融機関の民間ローンがあります。

公的ローンにあたる住宅金融公庫は、
利率が安定しているということと、物件の建築基準なども定めていたり、
ある程度の質、条件を満たした住宅を購入できるというメリットがあります。
そして、民間ローンは、それぞれ融資額、金利、返済条件などが異なっていて、
対応しやすい環境になっています。
以上を踏まえて、どちらにした方が
自分に合っているのかということを検討する必要があります。

最も重要なことは無理のない、負担にならない返済をしていくことです。
月ごとの返済以外にも、支払わなければならない費用があることは
上でも書きましたが、それも含めて考慮した計画を立てましょう。

無理のない返済をしていくためには、一般的に、
年収の25%程度が毎年の返済額としているのが目安とされており、
それは12で割って1ヶ月分の返済額が確認できます。
もしくは頭金の支払いの時に、多く支払っておけば、
ローンと支払う利息を少なくできるという方法もあります。
頭金を全体の価格の2〜3割程度準備できれば理想的だと思います。
自分の収支は一定ではなく、5年後、10年後で変わってくると思いますので、
その分まで考えた上で、返済計画を立てましょう。

Last update:2017/4/3